タグ別アーカイブ: 食品

コーヒーでパッキンが茶色くなるのはなぜか~後悔しない水筒の選び方

 コーヒーを水筒に入れるとすぐにパッキンが痛む。このことは意外に知られていない。私は毎日、ハリオV30で淹れたコーヒーを水筒に入れて持ち運んでいる。するとどうなるか。次の写真を見てほしい。

続きを読む

中華まんの蒸し方~究極の蒸し方はこれだ!

 多くの人が好む中華まんの仕上がりは「ふわふわ」。同じふわふわでも、含まれる水分の量によって食感に違いが出る。パンのような乾燥に近いふわふわから、コンビニの中華まんのように、水分を沢山含んだ「しっとりふわふわ」まである。

 ところが、家庭で中華まんを調理すると、あまり美味しくない。どうしてコンビニのようにならないだろうか。

 電子レンジを使った調理法がネットで紹介されているが、その通りやっても再現できない。表面は美味しそうに見えるが、中身は乾いたパンのようにパサパサ。なぜ電子レンジでうまくいかないのだろう。

 この謎の解明に取り組み、そのうえで究極の蒸し方を見つけたのでご紹介する。

続きを読む

包丁がまるでカミソリ!~砥石の選び方

 写真はホームセンターで入手できる普通の砥石。使う前に一定時間水に漬ける必要があり、研いでも刃物より砥石の方が削れていく感じ。研ぎの効率が悪く、時間がかかる。研ぐと以前より切れるようになるが、またすぐに切れ味が悪くなる。

 砥石とはこんなもの。私は今までずっと、これについて何の疑問もなく使ってきた。

 

続きを読む

コーヒーの味を長持ちさせる

 コーヒーは淹れたてが美味しく、その後急速に味が落ちる。朝淹れたコーヒーはせめて昼まで持って欲しい、そう願うのだが2時間がせいぜいだ。この品質劣化をステイリング(staling)と呼び、その原理はまだ解明されていないらしい[1]
 アルカリ処理でこの劣化を遅らせることが出来ることはわかっていて、そのpH調整剤に炭酸水素ナトリウムもしくは、炭酸ナトリウムが使われているという。この添加によってどのくらい味が持つのか。コーヒーの風味がどう変わるのか。今回はこれを実験してみた。

続きを読む

鉄のフライパンでヤキソバを焦げ付かないよう炒める

ヤキソバを調理する際の課題にフライパンの焦げ付きがある。これは特に鉄のフライパンで問題になる。ヤキソバやご飯のような炭水化物は、加熱した鉄に対して基本的に焦げ付く。ではなぜプロは焦げ付かないで調理できるのか。今回はこの秘密を解明する。

続きを読む

あなたの知らないダイエットの理屈

 ダイエットフード、ダイエット運動、ダイエットグッズ・・いろいろ努力して来たが、お金がかかるばかりで痩せられない・・そんな悩みをもつ人は多いと思う。なぜ痩せられないのか。それは痩せに関する本当の理屈を知らないからだと、私は思う。

 以下の理屈は自分で考案して自分の体を使って検証したものだが、誰でも知れば「あたり前」と思うもの。しかし私が調べた限り、この理屈はどの本にも、サイトにも書いてない。高いお金を払ってダイエットプログラムを契約しても、生徒には決して教えない秘密のようだ。今回はその、知られざる理屈をご紹介したい。

続きを読む

アップルカッターでリンゴを斬る!

 以前アップルカッターを紹介した。剥いたリンゴを簡単に8ツ割りにできる優れものだ。この道具は枠に力がかかるため樹脂製のものは壊れやすい。そこでオール金属製のカッターを買ってみた。オール金属製カッターは内径9cmのものが多く、その上に12cmのジャンボ(0002-732 GSホームプロダクツジャパン) がある。今回購入したのはこのジャンボだ。 続きを読む

コーヒー通を唸らせる HARIO(ハリオ) V60 コーヒーメーカー

 私はコーヒーが好きで生活に無くてはならない飲み物になっている。しかし面倒なのは嫌いだ。カニは美味しいが、殻を剥く手間が味に見合ないと思っている。コーヒーも豆から挽く面倒が味に見合わないから、結局「粉を買ってきてペーパードリップにする」に行き着いたことを以前ご紹介した。
 コーヒーの味に影響する因子には次がある。みなさんはどれが一番影響すると思うだろうか。

続きを読む

ロクなダシが無いではないか~顆粒だしと煮干し粉で究極のダシを作る

昔はどの家にもカツブシ削りという道具があった。長方形の木箱で、上にカンナのような刃があり、下が引出しになっていてカツブシを入れることができた。これを使って母が毎朝シャコシャコ削っていたのを覚えている。カツブシは100%天然で、しかも削りたて。今思えば贅沢なダシである。 続きを読む

1 / 3123