タグ別アーカイブ: 防錆

ポストの選び方~屋外金物の錆対策

 我が家のポストはユニソンのアスカーノ。値段は取付込で4.4万円だった。厚みのある鉄板が使われていて重量は6.4kgもある。削ってみるとスチールに下塗り+焼付塗装。塗膜は結構厚みがある。パネルはステンレスというが磁石が付くもの。塗膜の一部に膨れがみられ下地が錆びている様子。設置して9年。よく持った方かもしれない。今回アスカーノが錆びたのをきっかけに、ポストを選んでみた。

続きを読む

ボリウムのガリ復活とiPhoneのイヤホン端子を無劣化にする方法

 蓄熱暖房機(オルスバーグ)が4年過ぎたあたりから調子が悪くなってきた。この機器は2つのボリウムで蓄熱量と温度設定を変えられる仕組みだが、その設定値がチラチラ変化して安定しない。症状からするとボリウムの接点不良が原因らしい。

続きを読む

自転車を長持ちさせる~ジンクリッチ塗装は有効か

DSC03378-1 DSC03381-1

 写真は5年過ぎた我が家の自転車。購入時に透明保護塗装(ラストボンド)をしたので粉を吹くほどの錆びてはいないが、やっぱりちょっと汚い。多くの部品がアルミとステンレスで出来ているが、ステンレスといえど錆びは出る。ブレーキワイヤーのチューブが盲点で、中のスプリングがサビサビである。
 もし何も保護剤を塗っていなかったらもっと酷い状態だったろう。自転車の買い替え需要このようにして喚起され、大量の自転車が破棄されていく。 続きを読む

失敗しないOAチェアの選び方1~激安通販の落とし穴

パソコン作業用のOAチェアの選択は難しいものがある。パソコンショップや家具店でよく見かける1万円前後の商品や、楽天やアマゾンで売られている激安商品は満足いく機能を提供しないばかりか1年くらいでクッションがヘタる粗悪品がほとんどのようだ。私は新品で1~3万円の商品を4脚買い継いだが満足いくものは無く、何も調整機構の付かないダイニングチェアの方がマシのように思えたこともあった。これまでに体験した主な問題点を次にあげる。 続きを読む

錆止めに使える透明コーティング剤はあるか1

 防錆といえばこれまで塗料が主であり、皮膜は非透明なのが普通だった。透明な錆止め塗料があれば、外観を変えずにいろんなものを長持ちさせることができる。
 ルミナスなどクロムメッキのスチール製品を水周りに転用したり、これまで決め手の無かった自転車のような屋外鉄製品を綺麗な状態のまま長期間維持することが出来るかもしれない。 続きを読む

重量物に耐える棚の問題~スチールラックは本棚に使えるか

 市販の本棚の多くはMDFか、MDFの芯材にプリント化粧合板を貼り付けた簡単なもので、本の重量(一般に30~40kg/棚)に耐える設計になっていない。耐荷重を満たしてもMDFは本の重みで次第に曲がってしまう(クリープする)ものがほとんどである。このような問題が起こらない棚板は厚さ18mm以上の無垢材か集成材となるが、これを前提にすると商品が限られてくる。 続きを読む

ルミナスは錆びる

 新築を機に、棚類を全部スチールワイヤーラックで揃えてみた。スチールラックのメリットは、構成の自由度がチェストや棚などに比べきわめて高いこと、突っ張りによる耐震対策が容易であること、耐荷重が高く丈夫であること、などが挙げられる。ワイヤーラックの製造メーカは多くあり、エレクタ、ルミナスが有名だ。私が購入したのはルミナスである。 続きを読む

コンタクトオイルの結論~業務用オイルとの比較

世の中には「コンタクトオイル」「接点復活材」という名前の付いた様々な商品が市販されている。これらの目的は、基本的に

(1)接触が悪くなった接点を復活させる(ガリ等を軽減する)。
(2)防錆。接点の腐食を防ぎ、接触抵抗の増加を防止する。ガリ等のトラブルを未然に防ぐ。
(3)潤滑。抜去、スライドの際の摩擦を軽減し、接点(メッキ)の摩耗を軽減する(寿命を延ばす)。

である。 続きを読む

スピーカー台の選び方

 スピーカー台はスピーカーのセッティングに使う道具だが、この選定や使いこなしに関する世間の情報は定性的なものばかりで、理論的なアプローチから指針を出した記事がほとんどない。スピーカー台が必要なのは、ブックシェルフや小型スピーカーの場合だ。この中で最も扱いに困るのが、25~30cmウーファを搭載したブックシェルフタイプのスピーカだろう。

続きを読む

1 / 212