カテゴリー別アーカイブ: ビジネス

ポイントが貯まるカードの選び方~Yahoo Japanカード 楽天カードは本当におトクか

 以前は「ポイントが溜まります」といっても還元率の低さと使い道のなさから「ふーん」で終わることがほとんどだったが、最近は状況が変わってきた。今は楽天カードとYahoo Japanカードの(以下YJカード)に人気が集まっているようだ。どちらのカードも高い還元率をもつほか、自社のショッピングモールで買い物をすると還元率が大幅に増える。近年Yahooはショッピングに力を入れておりポイントを大盤振る舞いしている。

続きを読む

スーツケースの選び方~防水スプレーを超える撥水加工をする

 最近のビジネスシーンではパソコンが必須になっている。ノートパソコンの重さは1キロを超えるものが多く、2キロ近い商品もある。そんなパソコンを手鞄やショルダーバッグに入れて持ち歩くのは結構しんどい。重いものを長時間手に持つと健康に悪い、すなわち姿勢が崩れ腰や肩を痛める可能性から、リュックを勧める事業者もあるようだ。

続きを読む

2016年高画質デジタルカメラの選び方

 最近スマホのせいで市場が大きく様変わりし、高画質カメラの主役も変わってきた。沢山の商品が出ていて選択に迷う人も多いと思う。そこで創造の館の視点から見た、高画質デジタルカメラの選び方をご紹介したい。

続きを読む

オリンパスTG-4~Web写真用カメラの決定版

 コンパクトカメラの市場はすっかりスマホに喰われてしまった。大多数の消費者はスマホで満足し、画質を重視するアマチュアは1インチコンデジかミラーレス。大きくかさばるデジ一眼を求めるのは、一部のハイアマチュアとプロ、それと子供の学校イベント命の奥様だけ。そんな構図になりつつあるようだ。
 私が撮る写真はWeb用とオークションがほとんど。趣味の写真は、そのほとんどが自己満足で終わる。しかしWebやオークションの用途ではカメラで撮った写真が価値を生む。私の場合、いろいろ実験をやるので、濡れても落ちても問題ないタフネス性を重視して選んできた。

続きを読む

車のタイヤ交換はどこがいいか

 「新車装着タイヤは市販品に比べ品質が低い」これはたびたび経験したことなので、おそらく事実だ。4年すぎるとひび割れが目立つようになり、異音が出始める場合もある。 市販タイヤでこのような事は起こらない。どうやら新車タイヤは劣化防止剤などの添加物を減らしたコストダウン品のようだ。

 我が家のFITも4年が過ぎ、そろそろタイヤ交換を考える時期になってきた。そこで問題になるのは、タイヤ交換をどこでするかだ。まずは、これまで私が経験したトラブルをご紹介したい。

続きを読む

企業体質はカスタマーサポートに現れる

 あそこだけいつも儲かっているのはなぜだ・・ 利益も、人間関係も、自分の利得は相手を喜ばせた量に比例する。安定して儲かっている企業は、お客様を喜ばせている量が他社の2倍以上、大きいかもしれない。2倍とはどういうことか。販売現場がいくら努力しても2倍は達成できない。お客様の接点は、販売の現場以外に重要なものがある。

続きを読む

簡単な工夫で加齢臭を完全に消す

 私は以前、家族から加齢臭がすると言われたことがある。しかし最近は娘から「パパいい臭いだね」と言われる。誰でも歳を取ると体の匂いが強くなる。男性の加齢臭だけでなく、女性のオバサン臭も気になる臭いに違いない。ワキガは年齢に関係なく問題になる臭いだ。

続きを読む

浴室音響システムの選び方~トクラス(ヤマハ)のサウンドシャワーは買いか

 システムバスを付けると音響設備をオプションで選べる。「お風呂で音楽が聞けたらステキ」そう思う人もいるに違いない。トクラス(ヤマハ)のシステムバスを買うと「サウンドシャワー」と称するシステムが標準で付いてくる。要らないと言って外すことができない。その理由についてヤマハは「リラックスする場所である浴室に音楽は欠かせないものと考えます[1](要約)」と説明している。
 我が家のシステムバスはヤマハなので「サウンドシャワー」が付いている。音を出したのは最初のうちだけ。7年間利用してきた印象は「無駄な付帯設備」。「付いていてよかった」とは思えない。使わなかった理由は2つある。それは、使い勝手が良くないこと、そして肝心の音が悪いことだ。

続きを読む

浴室暖房乾燥機の選び方~小さなストレスが購買行動にどう影響するか

DSC01533a 写真はヤマハ(トクラス)のシステムバス。標準で浴室音響システム「サウンドシャワー」が付く。天井に付く浴室暖房乾燥機換気装置はMAX BS-141H。システムバスで選択した商品だ。24時間常に換気しているので、カビは目立たない。

 

 

続きを読む

1 / 2212345...1020...最後 »