長持ちさせる」タグアーカイブ

ポストの選び方~屋外金物の錆対策

 我が家のポストはユニソンのアスカーノ。値段は取付込で4.4万円だった。厚みのある鉄板が使われていて重量は6.4kgもある。削ってみるとスチールに下塗り+焼付塗装。塗膜は結構厚みがある。パネルはステンレスというが磁石が付くもの。塗膜の一部に膨れがみられ下地が錆びている様子。設置して9年。よく持った方かもしれない。今回アスカーノが錆びたのをきっかけに、ポストを選んでみた。

続きを読む

皮革を長持ちさせる~あなたの知らない皮革商品の実態

 皮革商品は使ううちに皮脂や汗で汚れていく。水洗いできず、手入れは乾拭きかオイル、クリーム(乳化オイル)を塗るだけ。汗や皮脂で汚れた上からオイルを塗れば汚れを革の奥に閉じ込めてしまう。私はこのことについて、ずっと疑問に思ってきた。

 このような手入れをした物でも、使っているうちは問題ない。しかし、ちょっと放置すると必ずといっていいほどカビだらけになる。こうなるともう終わり。洗えないので破棄・・
 皮革商品のほとんどが、このパターンで消費されている。「皮革に栄養補給が必要」という話もピンとこない。「カビの栄養補給になる」という話なら理解できる。

続きを読む

ガンガン使える~丈夫な鞄、財布の選び方

 日常的に持ち歩く鞄や財布は最もハードな使われ方をするアイテムになる。市場には多くの商品があり、値段もピンキリ。これらの主な違いは見た目であり耐久性に大きな差ない。

 皮革の高級商品がいちばん綺麗に見えるのは買った直後。「使い込むほどに味わいが増す」と称するが次第に皮脂や汗で汚れていき、破れるかカビるかして破棄、というパターンで消費されていく。
 毎日のハードな使用に耐える丈夫なアイテムは無いのだろうか。私がリサーチして見つけた、数少ない商品を紹介したい。

 

続きを読む

レンズ清掃用品の選び方

 レンズ交換式のデジカメが普及してから、自分でローパスフィルタを清掃したり、オールドレンズのレストアにチャレンジする人が増えてきた。ローパスフィルタはカメラの中で最もデリケートな部品。慎重な人は現物を拭く前に適当なもので練習していることだろう。
 ペーパーで鯉の口を作り、クリーニング液を付けて円を描く・・実際やってみると、コーティングされた光学面を綺麗にするのは難しいことがわかる。水滴の跡が残ったり、逆に汚れが増えてしまうことも。なぜ上手くいかないのだろう。あまり知られていないノウハウがあるのではないか。今回はこれについて明らかにする。

続きを読む

包丁がまるでカミソリ!~砥石の選び方

 写真はホームセンターで入手した普通の砥石。使う前に一定時間水に漬ける必要があり、研いでも刃物より砥石の方が削れていく感じ。研ぎの効率が悪く、時間がかかる。研ぐと以前より切れるようになるが、またすぐに切れ味が悪くなる。

 砥石とはこんなもの。私は今までずっと、これについて何の疑問も持たずに使ってきた。

 

続きを読む

タイヤ交換はどこがいいか

 写真はそろそろ5年になるフィットの新車装着タイヤ(ミシュラン ENERGY SAVER)。新車装着タイヤは市販品に比べ品質が低い。これはたびたび経験したことなので、おそらく事実だ。4年すぎるとひび割れが目立つようになり、異音が出る場合もある。市販タイヤでこのような事は起こらない。どうやら新車タイヤは劣化防止剤などの添加物を減らしたコストダウン品のようだ。

 

 我が家のフィットもタイヤ交換を考える時期になってきた。そこで問題になるのは、タイヤ交換をどこでするかだ。まずは、これまで私が経験したトラブルをご紹介したい。

続きを読む

皮革製品をジャブジャブ水洗いする

 皮革製品は洗えない・・それがいままでの常識だった。皮革を水で洗うと硬化したり縮んでダメになってしまう。汚れてしまったものは、高いお金を払ってクリーニングに出すか、捨てるしかなかった。「皮革が普通の衣類のように洗える」これは多くの消費者の望みに違いない。

続きを読む

生活家電の値段は、いくらくらいが妥当か

 9年使ってきた洗濯機(パナソニックNA-FS801)にとうとうお迎えが来てしまった。今年オーバーホールしたばかりなのに、パルセーターのスプラインが完全に磨耗してツルツルに。どうやら、コタツ布団を無理に押し込んで洗ったのがいけなかったらしい。
 新しく買った洗濯機の出費は8万円。大物家電が壊れると、大抵の人は突然の高額出費に嘆く。はたして、8万円の出費は高いのか安いのか。 

続きを読む

2 / 8123...5...end