タグ別アーカイブ: DIY

オイルフィニッシュで食洗機に耐える皮膜を作る

 木部の仕上げに自然塗料を塗ることを「オイルフィニッシュ」と呼んでいる。染み込ませて拭き取るだけなので塗料さえ入手すれば誰でも簡単に施工できる。自然塗料の主原料はアマニオイルなどの「乾性油」で、古くから油絵具のベースオイルとして使われてきた。

 DSC00589写真はアマニオイルにシッカチーフ(硬化促進剤)を混ぜて作った硬化物。このような破片を作るといろんな実験ができ物性の理解に役立つ。

 酸素と反応して硬化することから、溶剤を混ぜても先に揮発して無溶剤塗料のような緻密な皮膜ができる。表面から硬化が進むため塗膜が厚いと硬化に時間がかかる。硬化物は表面張力で水をはじき、溶剤に溶けない。柔らかく弾性があるため、傷がつきやすく摩耗しやすいが、自分で簡単に補修できる。

 

続きを読む

地球ゴマの秘密を解く~3軸ジンバルに見る不思議な挙動

 地球ゴマが2015年4月を持って生産を終了し、生産元が廃業することになった。私が持っている地球ゴマは最近買ったもの(といっても10年くらい前)だが、子供のころ売っていたものとあまり変わっていないように見える。何十年もの間、意匠もパッケージも変えずによく同じものを作り続けてきたと思う。

続きを読む

1ヶ月で切れるパルックボールプレミア~LED電球は本当にオトクか

 ネット上には高効率のスパイラル電球(蛍光灯)をLED替えても経済効果が無いとする分析をみかける。このような記事の大半はカタログ公称値をベースに試算した結果にすぎない。LED電球の寿命は4万時間といわれるが十分な実績はまだなくもっと早く切れてしまうこともあるようだ。一方、蛍光灯の寿命は12000時間をうたう商品があるが実際にそこまで持ったという話はあまり聞かない。これらの電球が寿命より早く切れてしまうケースは確かに存在し、カタログ公称値を使った経済効果の試算は実態と合わない。

続きを読む

ボリウムのガリ復活とiPhoneのイヤホン端子を無劣化にする方法

 蓄熱暖房機(オルスバーグ)が4年過ぎたあたりから調子が悪くなってきた。この機器は2つのボリウムで蓄熱量と温度設定を変えられる仕組みだが、その設定値がチラチラ変化して安定しない。症状からするとボリウムの接点不良が原因らしい。

続きを読む

5千円の機械時計はロレックスを超えるか~ひぶ朗でタイムグラファー2

時計のテンプが発する振動はたいへん小さい。タイムグラファーではこの微細な振動をいかにS/Nよく検知し、増幅するかがポイントになる。ネット上には市販のアンプや100均グッズを利用した自作記事が見られるがS/N十分とはいえないようだ。前回はネット上の記事を参考にトライしてみたが、出力がBTLだったりゲインが不足するなどして満足いくものを作れなかった。

圧電素子をチャージアンプで受けたい、ローカットフィルが欲しい、電源をUSBから取れるようにしたい、などと考えると100均やキットの寄せ集めでは作れなくなってアンプを自分で設計して自作するしかない。今回はこの方向で検討した。

続きを読む

5千円の機械時計はロレックスを超えるか~ひぶ朗でタイムグラファー

ひぶ朗という機械式時計の歩度測定ソフトがある。このソフトを使うと高価なタイムグラファーが無くても自宅で手軽に進み遅れを測ることができる。但し実際に測定するためには別途振動ピックアップが必要。ネット上には圧電素子を使った自作記事が多く見られ、私もこれを参考に作ってみた。

続きを読む

機械式時計をオーバーホール不要にする

レトロな機械式時計の魅力が見直されている。一見して機械式とわかるスケルトンに人気があるようだ。これらは時間を確認するための道具というよりファッションのアクセサリ、ジュエリーに近い。そんな市場を賑わしているのが中国製の激安ムーブメントを搭載したスケルトン時計だ。驚くことに数千円で売られている。これらは使い捨てのオモチャで不良率も多いという。この手の商品は動いていればOKで、仕上げや精度を期待するものではない。

激安スケルトン時計

続きを読む

時計工具セットの選び方~海外高級時計は女性にアピールできるか

今まで気になっていた時計工具セットを検討してみた。最初に買ったのは2千円前後で売られている中国製の激安セット(写真)で、一通りのものが揃っている。しかし物はまさにオモチャ。外観はブランド工具に似ているが品質は酷いものだ。とはいえ、まったく使えないわけでもない。良い工具は値段もそれなりになる。一般消費者の電池交換の頻度からいって、この価格と品質は妥当なのかもしれない。電池交換の費用に対し工具があまり高いとDIYする意味が無いからだ。

DSC000113 DSC000132

続きを読む

剪定した庭木の切口を早く治す

太枝のカット位置 枝を不適切な位置でカットすると見苦しい結果になったり腐朽してしまうことがある。写真はシマトネリコだが正しい切断ラインは緑のラインあたりになる。理由などの詳細はジャイゴのCODIT理論[1][2]を参照されたい。

 このような注意がいるのは太枝を切るなどして大きな切り口を作った場合だ。枝を切られると木はカルス(癒合組織)を発達させて傷口を塞ぐが、大きい切り口を作ると癒合に時間がかかり菌や害虫など外敵に侵されるリスクが増すためだ。

 このリスクを軽減し癒合を促進するための薬剤(癒合剤)が市販されている。癒合剤は桜や果樹で使われており、盆栽や趣味の園芸でも必要なアイテムになっている。

 

続きを読む

ナメクジを根絶する

ナメクジの誘引殺虫剤が売られているが、ばら撒きやスプレーは雨で流失し、ビールも腐敗や後始末が問題となって続けることが難しい。ナメクジ退治は長期持続して行わないと根絶が難しく、効果の長期維持が課題のようだ。そこで次のようなものを考案した。

続きを読む